コンテンツにスキップする

Book Ranking

小説ランキング

ノンフィクションランキング

①太陽の馬 (上・下)

太陽の馬(上・下)/落合信彦 (集英社)

主人公の矢島健司は自分の憧れる生き方をしています。
本の中の登場人物を尊敬するのは普通ではないと思いますが、今のところ自分の尊敬する生き方をした人で、自分の憧れは矢島健司です。
そして今まで400冊以上読んだ本の中で断トツ一番の本です。
1995年に書かれた古い小説ですが、自分の生き方に大きく影響を与えてくれた本になりました。

主人公の矢島健二は日本の商社で働く会社員ですが、日本の会社の方針に疑問を持ち、会社を退社して一人で世界に出てビジネスを展開します。
人情あり、人としての素晴らしい生き方を教えてもらえる一冊です !

古い本だから文庫で探すのは大変ですが、ハードカバーならアマゾンで格安で今でも買えます !
ぜひ読むことができたら、素晴らしい時間を過ごせると思いますよ。

購入はこちらから


②王たちの行進

About me

王たちの行進/落合信彦 (集英社文庫)

城島武士シリーズの第一弾です。
この本を読んで初めて、本を読むことがこんなにも楽しいということを知った本です。
展開は目まぐるしく変化し、ハラハラ、ドキドキの連続です。
作者の落合信彦は実際に海外にわたり、オイルビジネスを行った人であり、作者の実体験から、書かれて本ではないかと私は思います。
昔の本であっても、今の新刊に負ける劣らず、素晴らしい一冊だと思います。

購入はこちらから


③そして帝国は消えた

About me

そして帝国は消えた/落合信彦 (集英社文庫) ¥743

城島武士シリーズの第二弾です。
王たちの行進の続きです !
ストーリーの規模も王たちの行進を上回る内容で、城島がまたまた世界で活躍する為、王たちの行進を読んだ方は物凄く楽しめるこれもまた一冊です !

購入はこちらから


④海賊と呼ばれた男 (上・下)

About me

海賊と呼ばれた男(上・下) /百田尚樹 (講談社文庫) 各¥810

この本は出光興産の創業者である出光佐三さんのノンフィクションを題材として小説です。
その為リアリティーがあり日本がアメリカを経由してしか買うことのできなかった石油を直接中東から買うことを日本で初めて行った人のお話です。
涙してしまう、人情味のある人として素晴らしい生き方をして人の実話です !

購入はこちらから


⑤忘れ雪

About me

ダークサイド系で有名な新堂冬樹の作品です。
しかし、ダークサイド系の黒新堂ではなく、新堂冬樹が初めて書いた恋愛小説の白新堂です !
新堂冬樹はダークサイド系のジャンルを書くことが有名ですがこの種類は黒新堂と呼ばれています。
しかし、忘れ雪は新堂冬樹が初めて書いた恋愛小説であり、白新堂と呼ばれています。
白新堂第1弾の忘れ雪は本当に涙が出て止まらない作品となっています。
私はこの本が今まで読んだ本の中で、一番涙が止まらなくなった本となりました。。。
作者は、計算しつくして書かれたという白新堂ですが、581ページの長編小説となっているのに、中だるみがする場面が全くありません。
さすがですね。
時には、何も考えず泣きたい夜を過ごしたい人にはスーパーおすすめです !

購入はこちらから


⑥ワイルド・ソウル (上・下)

About me

ワイルド・ソウル (上・下)/垣根 涼介 (新潮文庫) ¥810

垣根 涼介の本はすべて読んでいますが、この作品は、垣根 涼介の中で一番面白いと思います。
作者は車とバイク好きで有名ですが、作品の中にマニアックな車が多数出てきて、ものすごく臨場感がある作品です。
車野好きの方が読むと、より一層楽しめる作品だと思います。

購入はこちらから


⑦ジウシリーズ

About me

ジウⅠ―警視庁特殊犯捜査係・ジウⅡ―警視庁特殊急襲部隊・ジウⅢ―新世界秩序/誉田 哲也  (中公文庫)  各Ⅰ・Ⅱ¥667 Ⅲ¥705

この本は誉田 哲也の代表作といっていいと思います。
警察小説は基本、自分はあまり好きではないのですが、誉田 哲也の警察小説は本当に面白い ! 
ストロベリーナイトが有名ですが、シリーズすべてで見ると、ジウの方が自分は面白いと思います。
ぜひ警察小説ってあまり好きでない人に読んでもらいたい一冊です !

購入はこちらから


⑧ミレニアムシリーズ

About me

ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女 (上・下)・ミレニアム2 火と戯れる女 (上・下)・ミレニアム3 眠れる女と狂卓の騎士(上・下)/スティーグ・ラーソン (ハヤカワ・ミステリ文庫) 各1上・下¥800 各2上・下¥880 各3上・下¥972

初の洋書がランクインです。
この小説はスティーグ・ラーソンが書き終えて、発売する前に亡くなってしまった遺作です。
そして著者がなくなった後、続きの原稿が出てきてミレニアム4上・下として販売されています。
タランティーノ監督、ダニエルグレイグ主演でハリウッドでリメイク映画
が製作された原作です。
全世界で8000万部以上売れた大作ですが、読むには登場人物の名前は勿論カタカナで長い為初心者にはお勧めできません。。。
ただ、はまると日本の小説にはない、本当に面白い一冊です !

購入はこちらから


⑨男たちの伝説

About me

男たちの伝説/落合信彦 (集英社文庫) ¥580

この作品は廃盤となっているため現在中古での購入しかできません 。。。
なので、貴重な本となっています !
1989年に書かれた古い作品ですが、矢島シリーズ城島シリーズとは一味違うストーリーになっており、これまた落合作品のベスト3に入る本だと思います !
太陽の馬、王たちの行進などの作品を読んで面白いと感じた方はぜひ男たちの伝説も読んでみて下さい。
また一味違った上質の時間が過ごせるはずです !

購入はこちらから


⑩ヒートアイランド

About me

ヒートアイランド/垣根涼介 (文春文庫) ¥676

この本は、ヒートアイランドシリーズの第1弾です !
このシリーズは垣根涼介の傑作ミステリーの代表作だと思います。
ヒートアイランドシリーズは、ストリートギャング雅とヤクザ、裏金強奪のプロフェッショナルの男たちの三つ巴のストーリーでハラハラ、ドキドキの連続です !
そして車好きには心をくすぐられる車も登場します !
例えば、裏金強奪のプロフェッショナルの一人である男桃井は、スバル インプレッサST-iをベースとしてフルチューンしています。
しかし、仕事現場での目撃情報を曖昧にするために、エクステリアをカモフラージュし、ごくごく普通のセダンに見せかけるためにSTiバージョンのエンブレムやウイング、グリルまわりを全て取り外し、廉価版インプレッサのように装います。
これってチューニング好きの人の心をギュッと掴まれると思いませんか?
こんな描写が垣根作品には多数出て来るのです。
だから車好きにはたまらない作品となっているのです。
一見男の子向けと思いきや、女子にも絶対ハマる作品なので女性の方にも読んでほしい一冊です !

購入はこちらから


⑪ギャングスター・レッスン

About me

ギャングスター・レッスン/垣根涼介 (文春文庫) ¥619

ヒートアイランドシリーズ第2弾 !
残念ながら、このシリーズの中で実は一番面白くないのですが、ヒートアイランドシリーズを読むうえで、主人公のアキの成長の過程を知っていることは必要不可欠なので、ヒートアイランドシリーズを100%楽しむためには、ギャングスター・レッスンは読んでほしい一冊です。
この後、シリーズ第3弾のサウダージ、第4弾で最終章のポーターは面白さが止まりません ! ! !

購入はこちらから


⑫サウダージ

About me

サウダージ/垣根涼介 (文春文庫) ¥619

ヒートアイランドシリーズの第3弾です !
サウダージでは、過去の仲間が出てきます。
第1、2弾のヒートアイランド、ギャングスターレッスンを読んでいる人は、よく知っている登場人物が出てくるたびに、知ってるあるあるとなります。
そして、今回は初登場となる、イライラさせるキャラクターの出稼ぎ売春婦のDDが、読み手を悩ませたりもします(笑)
これまたシリーズの中でも、一味違った面白さがある一冊です !

購入はこちらから


⑬ボーダー

About me

ボーダー/垣根涼介 (文春文庫) ¥590

ヒートアイランドシリーズの第4弾であり、最終章です !
ヒートアイランドシリーズはボーダーで完結編です !
こんなに面白いシリーズが終わってしまうなんて…
って思ってしまいます、残念です。。。
今までの登場人物が次々に登場してきて、、、懐かしいや、知ってるあるあるや、展開がものすごく面白いです。
では、簡単なあらすじ……、
渋谷のチーム「 雅 」を解散して3年が経ちます。
カオルは東大生となり、アキは裏金強奪のプロとしてそれぞれの道を歩み始めていました。
ところが、ファイトパーティーを模したイベントを見たという級友の話を聞き、カオルは愕然とします。
あろうことか主催者は「 雅 」の名を騙っていたのだ。
過去の発覚を恐れたカオルはアキに接触し話は始まるのです…
このシリーズは、ボーダーを読むために第2、3弾を読まければならないといっても過言ではない一冊です !
ヒートアイランドシリーズ完結編、読み終えた後は満足感は半端なく、おなか一杯になる一冊です !
そして、ヒートアイランドは映画化にもなっています。
余談ですが、午前3時のルースター(垣根涼介デビュー作)を読む場合は、必ずボーダーを読んでからにして下さいね。
内容がかぶっていますので、楽しみが減ってしまいますよ。

購入はこちらから


⑭君たちに明日はない

About me

君たちに明日はない/垣根涼介 (新潮文庫) ¥590

君たちに明日はないシリーズ第1弾 !
山本周五郎賞を受賞している作品です。
このシリーズはワイルド・ソウルやヒートアイランドシリーズとは全然違い、人間の心をテーマにした心あったまる作品です。
タイトルの君たちに明日はないと意味ですが、主人公の村上真介は、リストラ請負会社に勤めているためこのタイトルが付きました。
毎回、リストラをする会社に勤める会社の相手に真介は、首切りをしなくてなりません。。。
そんなシチュエーションでいろんなヒューマンドラマが起きるのです。
読んでいると…心がじーーんとしたり、熱いものが込み上げてくるのです。
日曜日の夕方にしっとりと心が休める感覚が欲しい時にベストマッチする作品だと思います。
勿論、垣根作品ですから、興味深い車も登場します !

購入はこちらから


⑮借金取りの王子

About me

借金取りの王子/垣根涼介 (新潮文庫) ¥724

君たちに明日はないシリーズ第2弾です。
正直、君明日シリーズはここからが面白いです。
1弾は登場人物の紹介といったところで、実は第2弾からがこころにグッとくるものがあるのです。

購入はこちらから


⑯張り込み姫

About me

張り込み姫/垣根 涼介  (新潮文庫)  ¥724

君たちに明日はないシリーズ第3弾です。
第4弾もありますが、第3弾までがオススメです。

購入はこちらから


⑰ストロベリーナイト

About me

ストロベリーナイト/誉田 哲也  (光文社文庫) ¥720

スペシャルドラマや連続ドラマ、映画などになっているので、ご存知の方も多いと思いますが、ストロベリーナイトシリーズの1、2を争う面白さです。

購入はこちらから


⑱ソウルケイジ

About me

ソウルケイジ/誉田 哲也   (光文社文庫) ¥741

ストロベリーナイト第2弾です。
ストロベリーナイトは動的なストーリーですが、ソウルケイジは静的なストーリーでじわっと面白さがあり、深い内容です。
ストロベリーナイトシリーズはたくさんありますが、オススメは私はここまでです。
購入はこちらから


⑲クリーシィーシリーズ 全5冊

About me

燃える男/パーフェクト・キル/ブルーリング/ブラックホーン/地獄からメッセージ/A・Jクィネル (新潮文庫)

洋書のクリーシィーシリーズ5冊。


購入はこちらから


⑳パラドックス13

About me

パラドックス13/東野 圭吾  (講談社文庫)  ¥896

東野 圭吾のたくさん出版されている本の中で、一番面白いと感じた本です。
読んでみると、東野圭吾独特の雰囲気があまり感じませんが、とても臨場感があり本の世界にものすごく引き込まれ、続きが読みたくなる本です。
この本はなぜか、ずっと文庫にならなかった本としても有名な本です。

購入はこちらから


㉑クローズド・ノート

About me

クローズド・ノート/雫井 脩介  (角川文庫)

㉒白夜行

About me

白夜行/東野 圭吾  (集英社文庫)

㉓幻夜

About me

幻夜/東野 圭吾  (集英社文庫)

㉔ジェノサイド

About me

ジェノサイド/高野 和明

㉕13階段

About me

13階段/高野 和明  (講談社文庫)

㉖空飛ぶタイヤ(上・下)

About me

空飛ぶタイヤ(上・下)/池井戸 潤 (講談社文庫)

㉗陸王

About me

陸王/池井戸 潤

㉘奪取(上・下)

About me

奪取(上・下)/真保 裕一  (講談社文庫)

㉙噂

About me

噂/荻原 浩  (新潮文庫)

㉚つばさものがたり

About me

つばさものがたり/雫井 脩介  (角川文庫)

㉛百舌の叫ぶ夜

About me

百舌の叫ぶ夜 (百舌シリーズ)/逢坂 剛  (集英社文庫)

㉜幻の翼

About me

幻の翼 (百舌シリーズ)/逢坂 剛  (集英社文庫)

㉝孤高のメス 外科医当麻鉄彦 第1~6巻

About me

孤高のメス 外科医当麻鉄彦 第1~6巻 /大鐘稔彦 (幻冬舎文庫)

㉞悪の教典(上・下)

About me

悪の教典(上・下)/貴志 祐介  (文春文庫)

㉟砦なき者

About me

砦なき者/野沢 尚  (講談社文庫)

㊱ボックス ! (上・下)

About me

ボックス ! (上・下)/百田 尚樹

㊲さまよう刃

About me

さまよう刃/東野 圭吾  (角川文庫)

㊳下町ロケット

About me

下町ロケット/池井戸 潤  (小学館文庫)

㊴秋に墓標を(上・下)

About me

秋に墓標を(上・下)/大沢 在昌  (角川文庫)

㊵光秀の定理

About me

光秀の定理/垣根 涼介  (角川文庫)

㊶プラチナタウン

About me

プラチナタウン/楡 周平  (祥伝社文庫)

㊷モダンタイムス

About me

モダンタイムス(上・下)/伊坂 幸太郎  (講談社文庫)

㊸東京タワー―オカンとボクと、時々、オトン

About me

東京タワー―オカンとボクと、時々、オトン/リリー・フランキー  (新潮文庫)

㊹竜の涙 ばんざい屋の夜

About me

竜の涙 ばんざい屋の夜/柴田 よしき  (祥伝社文庫)

㊺嫌われ松子の一生 (上・下)

About me

嫌われ松子の一生 (上・下)/山田 宗樹  (幻冬舎文庫)

㊻阪急電車

About me

阪急電車/有川 浩  (幻冬舎文庫)

㊼百年法(上・下)

About me

百年法(上・下)/山田 宗樹

㊽四日間の奇蹟

About me

四日間の奇蹟/浅倉 卓弥  (宝島社文庫)

㊾ドロップ

About me

ドロップ/品川 ヒロシ

㊿幸せの条件

About me

幸せの条件/誉田 哲也  (中公文庫)

ノンフィクションランキング

①街場の共同体論

About me

街場の共同体論/内田樹

②日本はなぜここまで壊れたのか

About me

日本はなぜここまで壊れたのか/マークス 寿子

③奇跡のリンゴ―「絶対不可能」を覆した農家 木村秋則の記録

About me

奇跡のリンゴ―「絶対不可能」を覆した農家 木村秋則の記録/石川 拓治 (著), NHK「プロフェッショナル仕事の流儀」制作班 (監修)

④【携帯版】思考は現実化する

About me

【携帯版】思考は現実化する/ナポレオン・ヒル (著), 田中 孝顕 (著)

⑤21世紀の狼たちへ―落合信彦選集〈8〉

About me

21世紀の狼たちへ―落合信彦選集〈8〉/落合 信彦

⑥人を動かす

About me

人を動かす 文庫版/D・カーネギー (著), 山口 博 (翻訳)

⑦フランス人は10着しか服を持たない

About me

⑧超訳 ニーチェの言葉

About me

超訳 ニーチェの言葉/白取 春彦 (翻訳)

⑨カンブリア宮殿 村上龍×経済人3―そして「消費者」だけが残った

About me

カンブリア宮殿 村上龍×経済人3―そして「消費者」だけが残った/村上 龍 (著), テレビ東京報道局 (編集)

⑩覚悟の磨き方 超訳 吉田松陰

About me

覚悟の磨き方 超訳 吉田松陰/池田貴将

⑪五輪書

About me

五輪書 (いつか読んでみたかった日本の名著シリーズ5)/宮本武蔵 (著), 現代語訳・城島明彦 (翻訳)